読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2日

どうやらシンクごと全交換になった。しばらくオーブン料理だな。

アムプリンって国分寺で食べれるのね!

「地球ではやっている遊び」
懐かしいな〜と検索してみたら リズム4ゲームっていったんですねあれ
みのりかリズム4?
意外ともっさりした名前でしたね
高校3年のとき、弁当食べ終わった手持ち無沙汰に9人でよくやってました
(相当うるさかったと思う)
名前が2文字じゃないから「きょん」でやってた
くみがふたりいたから えーと どう分けてたんだっけ?

昼 キッシュって今まで書いてたやつ 「ケークサレ」のほうが近いことに気づいたので ケークサレで。こそばゆいな、この名前。あと、日本から1袋もってきていたクノールの牡蠣のポタージュ。最適なタイミングで利用したと思います。
夜 レトルト鯖味噌煮、キャベツと人参とブロッコリーニ(という野菜がある)ごまあえ、キャベツと豆腐の味噌汁、ご飯。

ちょっとアウトプット不足というか発散先が少なくて頭が沸騰している感じが就職直前の春休みを思い出す。
いちおう発散場所は確保していて、こんなこと書いてた。寡黙キャラになれない嘆き。

    • -

寡黙なのは、かっこいい、と思う。というかまあ、危険回避のためにも有効だし、やっぱりクールだ。
でも、私はそういう位置にはどうしても行けない。
本当に言いたいことがあったら本当に言ってしまうし、クールとは程通い。基本的に他人に興味があるので、ウザイキャラになりそうなところを日々必死で抑えている。でも、その興味はあくまで「他人」としての他人への興味なので、その人が自分の、自分が守りたい領域に入ってきてしまうと、こんどは拒絶したくなる。酷い自己中。

    • -

(使う言葉が若いが、文体あんまり変わらないね)
周りの人がすごくクールに見えていた時期がありました。エネルギーのアンバランスさというか、、、。自分が素でいくと行き過ぎる という前提でないと、うまくできなかった。
仕事をはじめて、音楽やりはじめて、熱い人たちに出会って?そういうことを、段々思わなくなったな。

【髪を濡らせば今日食べたものの匂い チョコレートの泡を食べる蟻】

いよいよこれは そろそろ なんかつくったほうがいい時期かなーどうかなー