読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24日

昼 ストロベリーパウンドケーキ(タイミング的にそうなった)
夜 寝室で死んでいたら家人がLEONのフィッシュバーガーを買ってきてくれ、付け合わせまで作ってくれた。神だと思いました。LEON、クリスマス時期に店のロゴを反転してNOELにした看板立てて、しゃれてるな〜と思っていた。美味しいのね。値段はそこそこするけれど・・・。

髪乾かしてる時って割といいこと思いつく。

ベンゾインというエッセンシャルオイルの香りが気に入り、しかし絶対にどこかで嗅いだことがある・・・と考えてみたら、プロポリスだ。なんなら舐めても問題なさそうに思える匂いで(精油は基本的に食べてはいけない)これは危ない。
ちょっと調べたら プロポリスにやっぱりベンゾイン成分は入っているようです。安息香ともいうらしく、まさにその通りのこの名前も好き。

【干す前の靴下を右手に履かせ今日の作品は乾いてゆく】

【ふつうの筋肉痛を思い出しながら窓枠でバレエシューズ乾かす】

:::

夢の話。
大きな立食パーティーみたいな会場にいて、壁沿いの出窓みたいな台にずらりと飲み物(ジュース)がガラスコップに入って並んでいる。
飲み物はだいたい赤い色をしていて、ひとつひとつ微妙に色とコップの形と大きさがちがって、中身が何をミックスしたジュースか、よくみるとコップに書いてある。
赤いのはベリーか何かの味がベースになっているのだと思った。レモネードみたいな、黄色い飲み物の一角もあった。
皆、そこから自分の好きな飲み物をとっていくようだった。わたしはなぜか最初の乾杯に乗り遅れ(夢でもそういう役回りになりがちだ)、いそいそと自分の飲み物をえらびにいく。目につくものはコップが大きすぎるなあと思い、ちょっと奥のほうを探ってみると細身のコップにちょっとピンクがかった赤の、綺麗な色の飲み物をみつけたのでそれにした。
飲んだら美味しかった、ような気がする。
周りに誰がいたか覚えていないけれど、たぶん会社関係のひとたちをメインに、知り合い沢山というかんじ。

あんまり覚えていたい夢を見ないのでふだん書かないけど、この日のは綺麗だったので。