読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4-7日

4日 1日近場で外出。
昼 パンケーキ屋さんにてクレープのようなパンケーキ。ピザ風のやつとアップルシナモン。アップルシナモンは皮付きリンゴの芯をくりぬいただけの輪切りがそのまま生地にバーン!といくつか入って焼かれており(リンゴはほぼ生)、アップルシナモンのアップルをこうやって出す国はここぐらいではないかと思った。味はおいしかった。生地の食感的に八ツ橋を思い出した。
猫カフェベーグルサンド。ベーグルはすばらしい。

5日 遠出。
昼 スープとパン、夜 スロークックした鶏肉トマト煮、ご飯。
山に登り、教会でバッハのヨハネ受難曲を聴く。当日知って飛び入りで行ってみたらすごくよかった。ストーリーを予習していくべきだった。バロック音楽用の、みたことないバイオリン(あれはビオラかな)があった。
イギリスの人は、ビクトリアスポンジを手で食べるというのはほんとうだった。おまんじゅうみたいなもんか。

6日
朝昼 スクランブルエッグとトースト、電車でサンドイッチ。
夜 焼き鮭、にんじんとセロリのきんぴら、ピクルスサラダ、味噌汁、ご飯。
鮭の値段を見ずに買ったら2切れ5ポンドでのけぞった。骨も一切なく、美味しかったからいいけど…。安いとこでも3ポンドはします。

7日
昼 焼き鯖燻製(ハニーなんとか風味、初めて買った。一回熱湯に浸けたけどまだしょっぱかった。味はいいので要研究)、にんじんとセロリのきんぴら、ピクルスサラダ、味噌汁、ご飯。作り置きって便利ね。
夜 シェパーズパイ予定。
絵を描く。自画像と格闘中。公開をためらう程度には似ている。

そうそう、ポーランド食材屋のレジ横においてあったPrincessaっていうウエハース菓子 おいしい!びっくり。見つけたらぜひ買ってみてほしい。

【どちらを選んでも苺が入るならどちらでも 冷蔵庫に春】
【首を垂れきみはもうおじいちゃん水仙だって ままごとに駆り出す】