読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事、年を越しました。今年もよろしくお願いします。
友人からの年賀状で、相変わらずのフットワークの軽さとノリの良さが好きだと告白されたのが嬉しく、忘れちゃいけないなあと思いました。そこを良さだと思ってくれる人がいることには本当に救われる!でもほんとうはもっと軽くしたいです。


大した話ではない、いつもの独り言投下します。

    • -

長年、自分はあまり子供が好きではないと思っていた。
初対面に近い小さい子を率先して笑わせたり、テンションを上げてあやしたりということは、できないし、そもそもどう接していいかわからない。
その理由が最近わかったのだけど、それは、かつて猫の話になったときに先輩に聞かれて自分が答えた「他人じゃないですか」だった。
家族かどうかという話ではなく、距離感だ。というか大人でも同じだ。


先週、甥っ子たちふたりと2〜3日間過ごした後に疲れ果てている夫を見て、あれっと思った。彼はわりとテンションあげてあやすタイプなのだけど、若干無理をしていたようだ。自分はむしろ、「あー元気をもらったわー」ぐらいの感じだった。しばらく一緒にいるとお互いに慣れるので、基本的に同じレベルで遊べる(ような気がする)し、それで疲れることはない、ということは、案外、向いているのだろうか。。。?