読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11日

ぼちぼち再開いたします。
今年もよろしくお願いします。

年末年始、突然思い立って日本へ帰っていました。
両実家で殆どを過ごし、ひどい時差ぼけのまま戻ってきて、今はなぜか一日置きに寝過ぎています。
書きたいことはぽつぽつ思い浮かんでいましたが 思い出し次第書いていきます。

・飛行機の中で久々に宇多田さんの1stを通して聞きました。(飛行機用に若干編集されていたけど。)やっぱりあのアルバムのハイライトはAnother Chanceでは。出だしの歌詞「口笛吹けない君」がとてもいい。あと最後の「Only Sixteen」から始まる曲もすごいよね16歳でこの歌詞!アルバム、イトーヨーカドーで親に買ってもらった翌週くらいにチャート1位になってたのをよく覚えてます。当時はIn My Roomが好きだった。

・男性をうらやましいと思うポイント、「Tシャツが似合う」「和室と猫と共に醸し出される文豪感」の2点にほぼ集約されると思った

・日本の水でうがいしようとした瞬間「水の分子構造が違う!!!」と思った。んだけど、いま気づいたけど、分子構造は同じか、、。

・胃腸の調子がとにかく良くなかった。一日二日酔いみたい、と知人が言っていたけどまさに。戻ってきたら治りました。

・成田に宿泊し、2回温泉に入ってからのフライト。これは最高だった。

・乗り換えの一瞬のベルギーがなんかよかった。なんだろう。公用語がフランス語とオランダ語とのこと。閉鎖的じゃない気はした。

・書いたか忘れたけどイギリスに来てすぐのころ、「島国だな〜」と思った。夫はそう?という感じだったけど、なぜそう思ったかは説明できなかった。ある種の日本と似た空気、「ここでは自分がガイジン」と思わせられる感じかなあ。

・復路の飛行機で「小野寺の姉、小野寺の弟」を見た。良い映画だった。姉がデート前におしゃれするシーンが好きだった、服も可愛い。向井理はあのメガネこそ似合うと思った。ちょっと後輩に似るので親近感を覚えただけかもしれない。一瞬出てくる片桐仁もよかった。

昼、うどん、夜、ソーセージと野菜とスープなど。
ソーセージ(生肉)初めて買ったけど袋を開けたら8本全部つながって出てきてあせった。とりあえず4本ハサミで切って焼いてみる。味は大丈夫だった。